バナナ日記

バナナを100本食べるまでタイトル変えます!

  バナナ日記のナビゲーター   トップページ > 北丹沢12時間耐久レース  

北丹沢12時間山岳耐久レース(キタタン) レポ5

2014 - 07/11 [Fri] - 21:40

第2関門を出て
きたしゃしん
時間がもったいないから
持ち出したクリームパンを橋を渡った登りに入ってから口に押し込んだ
ここまで29kmあるんだけど
正直
第2関門で みんな座って補給を取ってる写真を見てびっくりした
僕の走ってるあたりではまだ エイドで休んでる間に どんどん抜かれて行く
そういう感じで 座ってる人は見た事がなかったから このレースは ガチでガンガン走らないといけないレースだと思っていたけど
UTMFでホントに必要な休憩を経験した立場からは厳しいけど
29kmは まだ二十曲峠にも到達していないわけで
そういう意味では あのレースの異常性は際立っていると思った

そして ここでは速やかに次を目指さないといけないなと 
ぼんやり感じた


もう記憶が…
何カ月もたってレースのレポするとかいう芸当は僕には無理だ(笑)

ここらあたりに来ると
たまに 酷く疲れてる人が 休んでいる間に
追い越す
そんな感じ チャレさんが試走の時に行っていた 風巻の頭が姫次までのタイムの半分
それを意識してみた 試走の時は45分くらいだったか?
前にも特別人はいないし うしろの人も30秒くらいは離れてる感じ
どの道40分くらいだろう そう思って 淡々と登った
だけど…
お腹が空いてきて 唯一持ってきていたジェルを口に入れた

風巻の頭38分40秒で通過
試走では止まったけど このあたりでは後ろからのストレスがあったので
そのまま通過した
ジェルを取ったので 落ちはじめていたペースも戻ってきた
きたたたた

ここ写真ほどは怖くないけどね
UTMFは杓子の下り これが何回かつづくし暗闇でね

姫次は遠かった
コーラー
掛け声が聞こえてから かなり時間がかかって
袖平山へ到着
コーラをもらった 今年は1分もいないで出発出来た

ここからは ほとんど走った
数人のランナーを追い抜いた
そして袖平山から41:55で姫次に到着
時間は5時間9分を指していた
早めの人なら45分
そんな事を前回聞いたのを思い出して
俺…
下り
遅めの人だし
時間ないな そう思いながらも水を一口だけもらった

ここから先は 僕の成長を自分で確認する区間 僕はそう思った
50分で下れるのか?
でも
ここまで来て やり直しは嫌だ
絶対にやる そう思って 少しアディゼロジャパンで来た事を後悔しながら
サクサクと下っていった 寝れていてスリッピーだったしね

やはり
下りは特別 遅くはない程度には進化してるけど
速い人は速い 平丸分岐までに3人くらい抜かれて3人くらい抜いた
分岐を下ると 角度はより急になり 普通のランシュ―では かなり厳しいな
そう感じながらも 第1関門から第2関門までの走りは この靴あってこそだし
仕方ないと思いながら たまにズルっと行きながら
また4人くらいに抜かれた 
ただ前回と違うのは 僕も同じくらいに人を抜いたので
進化は感じられた

残り5km地点で残り時間は30分を切っていた
ヤベーな
俺 下り遅いし
だけど6時間切りたい
転んでもいいや 珍しく下りでスイッチが入って
出来る限り 攻めた
それでも 慎重な性格はどこか余裕を持っているらしく
少しも捻るような事なく ロードへと出た
残り10分

う~ん
これって行けるのか?
そう感じながら トンネルをくぐり 癖の悪い森へと入った
進んでいると 残り8分くらい
あ~
俺 これやったわ
そう思って スピード緩めかけたけど いや全部走ろう そう思って
ペースは少し下げたけど 全部走った

会場のアナウンスが聞こえて
時間はまだ4分くらいあった

後ろから人は来ていない
前には子供を連れてゴールする人 僕はちょっとスピード緩めたけど
思ったより 後ろからのプレッシャーがあったので
スピードをあげたら両足攣った…

きたたt2

5:56:59

完走1456人中108位
男子1357人中106位
年代別581人中35位

涼しかったから5時間台もっと多いかと思ったけど
意外と少なかった

僕としては上出来!

ハセツネ30k 東丹沢 キタタン
ロードの長い大会は記録が出るみたいで向いてるのかも
普通は全体の30%だもん だいたいね

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村


北丹沢12時間山岳耐久レース(キタタン) レポ4

2014 - 07/10 [Thu] - 22:17

第1関門から第2関門は
多くの人が試走必要ないかってなるんだけど
僕はこの区間 秋になったら冬とか練習に使おうかなって思ってる2周とか
案外好きかも
ここってさ タイムを稼ぐ場所というよりは フルマラソンなんかのロードのレースのように失点しないでしっかりと走り抜く区間だと思った
先月にみんなと試走に行った時に 僕だけコースを間違えて鐘撞山をスル―して そのまま第1から第2へ向かったんだけど
その時にここいいな~って思ったんだよね
関係ないけど ここのタイムトライアルってどお?(笑)ロードの人とも遊べそうな区間

第1関門を出たら すぐに走ろうと意気込んだんだけど
走れなかった…
きたしゃしん1
ここでタイムを稼げなかったら どこで稼ぐんだ?
そんな感じ
タイムを狙いたい人(自分比)は ここの下りをフルマラソンのペースくらいで行けばいいんだと思う
気合があれば もっと出るのかもだけど 今の僕には怪我のリスクもありそうだしムリ

小春さんにあったのは ここに向かう登りだったのかな
なんとなく 人と話してはペースを上げる
そんな事を繰り返して 走れない分 歩きの質にはとことんこだわった
歩いてるけど 走ってる人と変わらないスピードが 出来るようになってきたので
無理をせずに ガシガシと歩いた
ここの登りは 立石建設までのような やはりロードレースのようなペースで走らなければいけない縛りもないし
楽なものだ
富士山で鍛えてるので ペース次第だけど登りは意外に楽 もっと追い込めなのかもしれないけどね
犬越路の最後のこの部分(試走時の写真)
きたたt3
ここを登りきると
がれがれの林道に出てひたすら下りに入ります。
この登りあたりで 立ち止まる人も出始めてましたが
僕は全然余裕がありました。 登りもこの後の林道とロード用に若干抑えていたから
ロードでは
前回の写真ほど人はいなくて(写真は2012年)
きたた4
誰にも合わなかったけど
スピードを上げていくと5~6人の集団が見えた
しばらく頑張って 追いついて行くと スタート以来久しぶりに女子の選手にあった
たぶんだけど 僕は第1から第2誰にも抜かれていないような気がする(関門出てすぐはイマイチ記憶ないけど)
もし抜いた人いても黙っててね(笑)
ガ―ミンないからペースはわからないけど
結構頑張った
もう残り2~3kmかなって思った時に赤い人に追いついたんだけど
これはもう6時間間に合わないよ6時間17分とか具体的にタイム教えてくれたけど
なんで6時間狙ってるとか わかったのか?
でもね…
赤い人 ちょっと勘違いしていて
まだまだあるよって言っていたけど
あっという間に第2関門に到着した

第1から第2関門は1時間14分くらい

あの5時間35分のカツウォさんの遅すぎって嘆いていた この区間と一緒だから
77kgのデブが走ったにしては かなり頑張ったんじゃないかと思う
ここに限っては狙えば あと5分くらいは早くなると思う


あと
応援に来てると聞いていた 怪盗さんはいなかった…

結果
1分も滞在せずに サクッと
クリームパン持って走りだした(関門前だけど)
きたしゃしん
余談だけど
この区間 行くたびに走り方がわかるというか
前傾かけて膝のあたりを中心にしぼりあげるような
ここばっか練習したら ロードも速くなるんじゃないかと思う
距離的にも 嫌なしつこい感じだし

でも
今回は特に上半身の脂肪が多くて
動きに連動しないから 痩せなきゃ 痩せなきゃって
ずっと1人でブツブツ言っていた区間


痩せたい


つづく


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村


北丹沢12時間山岳耐久レース(キタタン) レポ3

2014 - 07/09 [Wed] - 20:40

朝さ…
なんか行きたくなくて
だらっとしていたら 会場に着いたのが30分前くらいになっちゃって
慌てた
行きたくないとか言いながら
しっかりと吉牛を食べてガス欠に備えて もうどうせ重い状態で走るんだし どちらにしても一緒だわ
そう思って 思う存分 朝ご飯食べてスタートをむかえました。
さぶろうさんと一緒にスタート
整列も遅くなったので スタートラインを越えた頃には 前方の選手たちは すでに坂道を駆け上がっていて
やべーな
NES3戦目だし 完走すればいいか
そんな迷いも抱きつつ 30秒くらいグズグズしてから
気持ちを入れ替えて 登りに入った頃にはガシガシと登りはじめた


すでに渋滞にハマっている感じで
スタートは失敗したと思った ガ―ミンもまさかの充電切れで使用できずに
自分がどのくらいで走ってるか わからないな~
まだ ちょこっと迷いはあったけど ここにいちゃいけない前へ行かないと 取り返しの出来ない事になる
このレースに限らず はじめの5分の頑張りでゴールタイムは1時間も2時間も変わってしまうのがトレイルのレース
僕はそういう意味では
半分以上失敗しかけていた

幸い
富士山や丹沢や
やっぱり何回も僕はここにいてはいけないと強く思って
はじめの2kmが勝負だ
死ぬ気で頑張ろうと気持ちが切り替わるまで5分くらいは使ってしまっていた
もういいや
ダッシュ!
悩んでる間に距離も進んでしまって
残り1kmくらいしかないから
この区間で100人以上抜くくらいの勢いでダッシュしてみた(意識)ね

トレイルに入るときには たぶん渋滞してるだろうし
休めるわ
いつもは2~3秒足を止めるだけで 筋肉の疲労は少し楽になるので
トレイルに入る時の数十秒の休憩は リスタートのきっかけになる
そう思っていたけど
思っていたよりは渋滞もなく ゆっくりと隊列は流れていた
ここまできたら慌てても仕方ないな
そう考えて流れに乗ってみたけど
やっぱり この場所は6時間切れる場所じゃない そう感じると
無理のない範囲で順位も上げていった このあたりは富士登山競走で
経験済みなので 常に自分の位置を疑う
これ大事!

たぶんだけど
前回の2012年と比べるとはじめの下りに入る地点ですでに5分くらい遅れていたと思う
ただ
前回と違って さほど速い流れに乗ってるという感覚はなかったので
下りに入った瞬間から ギアが上がったというか
自分の下りの技術の向上も感じられた
前回は追い立てられる下りだったけど
今回は大股歩きで流れに乗れる(これはかなり練習した) 
流れというか このへんのところは前後の動きを見ながら適度の距離を保って
前後のコントロールを主体的にする事が出来ていた
走っていないから ダメージもない
あっという間にロードへと出てしまった ここまでにも数人のランナーと話しながら進んでいた

前回はロードに出るまでに すでに地獄を見ていたけど今回は
かなり余裕があった感じが
楽じゃないんだけど 自分のレースを常にコントロール出来てる感じ
ロードは 案外真面目に練習してる方だと思うし
下りはともかく 少しの下りでもペースの落ちてくるランナーも多かったので
それを楽しみに グイグイ進んでいった
どうやったら楽に4疲労を溜めずに このロードを素早く切り抜けられるか
考えたけど
よくわからないから
出来るだけ 力を入れずに リズムとピッチにこだわってみた
なんとなく
立石建設に到着する頃には
前回のロードの撃沈分を取り返して
イーブンの状態にまで戻してるような感じがしてきた
1時間16分で通過

鐘撞山の急登では
やはり急ぎ過ぎる事はせずに 抜きどころがあれば迷わずに前へ出て
そして流れに乗ってる時は 意識の部分で休んでいた
DSC06594.jpg
登りは苦手じゃないけど
得意というほどの感じもない
ただ経験だけは多く積んできたので
気持ちはコントロール出来ていたし
DSC06595.jpg
どちらにしても集中してないと怪我をするので
時間がくれば登り終わるし出来る事 全部やろうそういう感じ
自然体

以前は下りに入ると
気持ちが凹むというか 抜かれたい放題だったので
下りは嫌いだったけど
最近は あまり抜かれる事もなく
そして
今日は女子に1人も会っていないな
そう思いながら サクサクと21分で下った

今になって見返してるけど
これもっと見ておけばよかった
のぼり~2

3km分岐右折 30分(+5分)
11km立石建設 1時間16分(+8分)
16km県境尾根分岐 2時間13分(+10分)
18km神ノ川ヒュッテ 2時間34分(+11分)

あのカツウォさん速えーな

参考になるデータを今になって確認する
あのブログは役に立つ


第1関門 R2さんのエイドについた
のぼり~3
やっぱり77kgは かなりデブ…

つづく…

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村








続きを読む »

北丹沢12時間山岳耐久レース(キタタン) レポ2 数字的なもの

2014 - 07/08 [Tue] - 20:40

キタタンの
数字的なものです。

         2012   2014

立石建設            1時間16分
県境尾根分岐         2時間13分
第1関門   2時間44分   2時間34分 (-10分)
第2関門   4時間7分    3時間48分(-19分)
姫次      5時間29分   5時間9分(-20分)
ゴール    6時間23分   5時間56分(-27分)

やはり
きのう書いたように
はじめのロード区間の痙攣分5分 第1関門までの下りの改善で5分
第1関門までの 短縮10分

第1関門から第2関門
エイドの時間短縮で5分 林道区間をしっかりと走って4~5分

2年前の自分も強かったという事で
前回2012年は
第2関門でも休んでいた事
コーラをもらって しばらく休んでいた事を考えると
たぶん 今回の方が3~5分程度遅いかも…
第2関門エイド コーラエイドに1分も滞在しなかったので結果 1分の短縮

姫次からの下り
ここは残りを50分でいかないと切れない事
下りがよくなってきた事
残り5kmで6時間まで30分しかなかった事
ランナーがバラけていて
ほとんど人のストレスなく下れた事


そして
諦めなかった事


このレースの面白さがわかってきた!


にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村





北丹沢12時間山岳耐久レース(キタタン) レポ1

2014 - 07/07 [Mon] - 21:49

今年はUTMFやりながら 

NESチャンピオンシップ

4月20日 東丹沢トレイルレース 32.10km(UTMF5日前)
5月11日 道志村トレイルレース 41.30km(UTMF2週間後)
7月6日 北丹沢12時間山岳耐久レース 44.20km

この3つを完走する事にこだわってやってきました。

 
正直きつかった…
東丹沢はUTMF前だから怪我出来ない
ダメージを残してUTMFを完走できなかったら
たぶん だいぶ悪く言われる UTMF2度目の失敗はしたくなかった
ただ
何度も書くけど去年の12月1月でそれこそ週3ペースで丹沢400kmくらい歩いた事
これが僕の中で
ぼんやりと自信として残っていた
だから
5日あれば回復する そう思ってレースに出ました。
結果 ギリギリ3年前の記録を1分だけ更新
ダメージは軽微

そしてUTMF
これはとにかく完走にこだわって
無事に完走
ここまでは良かったのよ

問題は道志村トレイル
直前まで 当り前だけど疲労は全然抜けなくて 前日15時間睡眠
なんとか出走までこぎつけました
結果は完走出来たけど
レース自体は第1関門4時間切りに こだわり過ぎて
レースとしてはここで制御不能に
8時間19分だか?
完走は出来ました。

この後の疲労は ハンパなかった
UTMFの時のようなわかりやすい人としてダメな感じの疲労ではなく
もう
気力の部分というか 力が入らないというか
しばらく経てば元気になると思っていたけど
これはもう しっかりと食べて 与えるもの与えて元気戻すしかないな
そう思ってたくさん食べました。
結果
6月中旬くらいには 元気は出てきたけど
体重も増えてきて
道志からキタタンまでは時間もあるし キタタンだけは
満足のいく走りをしたい そう思っていたけど
全然自信無くなっちゃって
とはいいながら富士山には行きたいし キタタンも6時間切りたいし
頭の中だけ ずっと忙しい状態…

でも
富士山というかキタタンというか
準備だけは怠りませんでした。
いろんな人が誘ってくれて
その一つ一つ その日にできる事のベストを出せるように意識して
そして翌日以降のケアも怠らず
次の休みに備える感じ 僕の中では翌日のケア これは昔よりも上手くできるようになってる気がする

ちょっと前に自分の2年前のキタタンの記事を読みました。
僕の2年前は6時間23分
この時点では 出来る事はやったような気がしていたけど
23分
この部分を どうするか考えた時
まず
① 前回はロードに出たとたん背中が痙攣して失速 ロード区間で5分短縮可能
ガ―ミンデータと6月の試走の感触から試算

②登りの力はもしかすると前回の方があったかもしれないけど 下りは格段に上達してる事 ここでも5~10分短縮可能 特に姫次~ゴール間はそこだけで10分とか行けるかも

③今までのトレイルレースは エイドはゆっくりと次に備える 5分くらい休む事が多かったけど UTMFに参加してみて 40km程度のレースであれば 以前にカツウォ君が行っていたように フルマラソンと同等程度の考え方として 必要最低限で 速やかに離れる事 これで5分程度短縮可能

あとは富士登山競走のように
走れる部分は3歩でも走って秒単位でも稼ぐ


elbさんブログより拝借

こんなにしっかりとは走れないけど
僕は富士登山競走では走れるところは走る そう思っていたけど
トレイルレースの登りでは あまり考えていなかった
これも あまりできなかったけど意識しました。

不安な点としては 2年前の自分は富士登山競走 前年3時間53分につづいて4時間4分と結構いいタイムで走っており
決して 今よりもレベルが低いと決めつけるほど レベルが低くはない事

それと
前日KFC食べ放題の影響とは思いたくないけど
体重が77kgと激しく増量していた事(東京マラソン+5km以上)

不安だったけど
よく見てみたら2年前も そんなだった(笑)


77kg

ほらね


大丈夫かも!

レース編につづく


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村



 | HOME |  »

プロフィール

ハンサムネコ

Author:ハンサムネコ
1972年生まれ AB型
ベストタイム
1500m
5:02:58 09ナイター陸上
3k
10:49 09新宿シティハーフの3kの部
5k
18,46  09横田駅伝5kの部
10k
40:46 09立川・昭島マラソン
ハーフ 
1:27:03 10香川丸亀ハーフマラソン
フル 
3:06:0 14東京マラソン
富士登山競走 3:53:57

15年前に自転車でカナダ横断しました。昔話~ 今はマラソン。

スティッチベスト

5km 20:46 10km 43:17 ハーフ 1:32 フル 3:29:14 チャレンジ富士五湖72km 9:21:17 四万十川 60km 6:55:31 チャレンジ富士五湖100km 12:28:57

走る記録

フリーエリア

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

楽天

FC2カウンター

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ランキング参加中です。  1日1回押してくれると嬉しいです。 人気ブログランキングへ←たまにはこちらも(笑)

楽天

リンク

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード

フリーエリア

ブログ村新着記事